浅草浅草寺雷門
東京都のおすすめ観光地

浅草・浅草寺の初詣(東京都1)

2019年お正月は東京都台東区にある浅草の浅草寺に初詣に行きました。
私が幼い頃、我が家ではお正月の元旦は親戚が集まお正月の2年に1度くらいの頻度で浅草寺に行ってました。

旅行好きの自分にとっては本来なら行ったことない場所に行きたい気持ちはありますが、やはりお正月の初詣は行き慣れてて「お正月らしさを満喫できる場所」として浅草寺になることが多くなります。

都内最古の浅草寺の境内を歩く

東京都旅行観光浅草2019年1月2日。浅草には自宅から車で50分くらいの距離でしたが正月の混雑を予想して途中で車を駅近辺に止め、電車に乗って浅草駅へ向かいました。
浅草についてホームを降りる前から人がギッシリで浅草寺最寄りの出口より少し離れた出口の方が比較的空いてたのでそちらを利用しました。こうした地味な努力が意外に時間の短縮に役立ちます。

東京都旅行観光浅草浅草からでもスカイツリーがよく見えます。

東京都旅行観光浅草この日は道路が歩行者天国として開放されてたようです。思えば浅草に来るのはほとんどがお正月の時期なのでいつも人が混んでるイメージがあります。

東京都旅行観光浅草寺雷門そして駅から少し歩くと有名な雷門(風雷尋問)が見えてきました。
高さ4メートル近くあるこの大提灯を見ると浅草に来た!て感じがしますね。
とにかく人数が多いので門に辿り着くのにも一苦労です。

浅草寺とは

東京都旅行観光浅草寺雷門

東京都旅行観光浅草寺東京宇都台東区浅草にある浅草寺は1400年近い歴史がある東京都内最古の寺です。
元は天台宗に属していましたが第二次世界大戦後に独立し、聖観音宗の総本山となりました。
正月の初詣の参拝客数は常に全国トップ10に入っるほどの人気観スポットです。

浅草寺

施設情報

施設名 浅草寺(せんそうじ)
所在地 東京都台東区浅草2-3-1
電話番号 03-3842-0181
営業時間 午前6時~午後5時(10月~3月の開堂時間は午前6時30分)

 

入場料金

無料

※施設情報、金額は全て2019年1月現在です

東京都旅行観光浅草寺雷門風神頼門風雷神門という名は門の左右に奉安している風神・雷神からきています。

東京都旅行観光浅草寺雷門風神頼門混雑の為、真横からしかとれなかったのは残念です…。

東京都旅行観光浅草寺仲見世雷門を通り、本堂に辿り着くまでにはこの仲見世を一直線に進むことになります。
ここはとくに私が幼い頃に亡くなった祖父母や親戚などと訪れた思い出が詰まった場所です。

浅草寺には初詣で何度も訪れてるからわかってましたがとにかくここは毎年すごい混雑です…。
2019年1月は今までで一番多く感じました。外国人の方も年々増えてる気がします。

東京都旅行観光浅草寺仲見世それでも色鮮やかでユニークな装飾の数々を見て歩いてるだけでも楽しい気分になれます。

東京都旅行観光浅草寺仲見世宝船に鯛や瓢箪や小鎚がわんさかと詰まっています。賑やかでめでたいイメージがしますね。

東京都旅行観光浅草寺仲見世

東京都旅行観光浅草寺仲見世そしてなんといっても仲見世通りの左右には日本の文化をこれでもか!と感じさせてくれるお菓子や玩具、飾り、置物などのお土産を販売してる店が多く建ち並んでいます。参拝に向かう途中でも寄ってみたくなるのも仕方のないことです。

東京都旅行観光浅草寺仲見世浅草の名菓といえば雷おこしですね!米を蒸しても餅にしたものをパフ状に膨らませて練り固めたお菓子です。

東京都旅行観光浅草寺仲見世

東京都旅行観光浅草寺仲見世ひょっとこや天狗のお面が並んでます。天狗だけでも色々な種類があるんですね。

東京都旅行観光浅草寺仲見世少しずつ、少しずつですが前に進んでいます。完全に止まることがあまりないのが幸いです。





東京都旅行観光浅草寺宝蔵門(仁王門)本堂と雷門のほぼ中心に位置する宝蔵門(仁王門)が見えてきました。

東京都旅行観光浅草寺宝蔵門(仁王門)

東京都旅行観光浅草寺宝蔵門(仁王門)仁王門というだけあってこの門の両端にも仁王像が安置されています。

東京都旅行観光浅草寺宝蔵門(仁王門)ただなぜかこの時は提灯が半分畳まれたままでした…。

東京都旅行観光浅草寺本殿門をくぐると本殿が見え待て来ますが、多くの方が参拝するので人数を一定数ごとに制限して止めてるようです。

東京都旅行観光浅草寺本殿お札やお守りも買うにしてもこの行列から外れるわけにはいきませんね。。

東京都旅行観光浅草寺五重塔左を向くと立派な五重塔が見えます。

東京都旅行観光浅草寺本殿後ろを振り向くと宝蔵門の裏側には大きな草履が立てかけられてました。
何度か訪れてるのにこれには今まで気づきませんでした。

東京都旅行観光浅草寺本殿そしてようやく本堂が見えてきました!意外にも混雑の割には雷門から一時間も経っていなかったと思います。
過去には二時間近くかかったこともあったのでそれなりの心の準備はしていたのですが…。

東京都旅行観光浅草寺本殿やはり毎年の混雑はわかっているので案内板の設置や警察の方がうまく参拝者を誘導していて時間の短縮がうまくできてるのかもしれませんね。そして無事に新年の参拝をすませました。

東京都旅行観光浅草寺本殿





浅草寺参拝後は周辺を散歩しました

東京都旅行観光浅草寺周辺参拝をすませてもせっかくお正月の浅草に来たので本堂の西側から浅草寺周辺を周ってみたいと思います。

東京都旅行観光浅草寺周辺露店では色々な食べ物が売られています。どれも美味しそうなので迷ってしまいます。

東京都旅行観光浅草寺周辺

東京都旅行観光浅草寺周辺やはりお正月の雰囲気ていいですよね~。

東京都旅行観光浅草寺周辺木馬館ここは大衆演劇で知られる木馬館です。

東京都旅行観光浅草寺周辺

東京都旅行観光浅草寺周辺人力車この辺りは人力車を多く見かけました。乗ってみたい気もするけど都内在住の自分が乗るのはなんか違うのかな?と思っちゃって乗ったことはありません。

東京都旅行観光浅草寺周辺浅草演芸ホールこちらの浅草演芸ホールでは主に落語を中心に漫才や手品が執り行われています。

浅草演芸ホール

浅草演芸ホールの施設情報

施設名 浅草演芸ホール(あさくさえんげいホール)
所在地 東京都台東区浅草1-43-12 (六区ブロードウエイ 商店街中央)
電話番号 03-3841-6545
営業時間 昼の部:11時40分~16時30分 夜の部:16時40分~21時00分

※特別興行の場合は時間が変わります。

 

東京都旅行観光浅草寺周辺浅草演芸ホール浅草演芸ホールの前はさらに混雑がすごかったです。会場入りを待っているのでしょうか?

数年前のお正月に通りかかった時、父が突然「落語を見て行きたい」の一言でその時はちょっと待てば入れました。
あまり落語を直に見る機会がなかったのですが、落語家のしゃべり方が軽快で流暢でより面白く聞こえてしまうんですよね。

今回もできれば入ってみたかったのですが、この混雑を見る限り断念しました。
以前は「お正月に落語を見ること」が少し待てばできたのですが、年々そう簡単に入れなくなってくると思うと残念です。
意外に20代くらいの若い人たちも待っていたので観覧する層の幅が広がってきてるのもあるかもしれません。

東京都旅行観光浅草寺周辺スターの手形浅草公会堂の前では「スターの手形」と称し、多くの手形が道に展示されています。

東京都旅行観光浅草寺周辺スターの手形主に昭和を代表する歌手、落語家や俳優など多数の手形がありました。
こうしてみると手形といっても随分人によって形が違うものですね…。

東京都旅行観光浅草寺周辺豊福のカレーパン散歩していくうちに小腹が空いてきたのでそろそろ何か軽く食べようと思い、一際行列が目についた豊福の黒毛和牛カレーパンを食べることにしました。

東京都旅行観光浅草寺周辺豊福のカレーパン黒毛和牛カレーパンは多くのメディアで取り上げられていたようです。

東京都旅行観光浅草寺周辺豊福のカレーパンカリッカリの揚げパンの中には…。

東京都旅行観光浅草寺周辺豊福のカレーパンとろみのあるスパイシーなカレーと柔らかい和牛の食感が絶妙なバランスでした!

東京都旅行観光浅草寺周辺帰る為に駅に向かったのは午後3時前でしたが人の勢いはまるで衰えてませんでした。

お正月の浅草寺の動画をご覧ください

久しぶりに長時間ギュウギュウの混雑の中を歩いたのそれなりに疲れましたがお正月にお正月らしさを味わえる場所を歩き回れたのですごく充実した一日を過ごすことができました。

東京に旅行で訪れたいと思ってる方は、浅草とスカイツリーはとくにおススメですよ!





東京TOPへ
HOMEへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です